みつなか自主事業情報

チラシ表チラシ裏

第29回みつなかオペラ 景山伸夫:創作オペラ「満仲〜美女丸の廻心」

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、列や席を空けるなど入場者数を制限してチケットを販売しております。詳しくはご予約の際にご確認ください。


川西は清和源氏発祥の地。
2020年は源満仲公が多田院を御創建され1050年という記念の年。

民話「美女丸と幸寿丸」や謡曲「仲光」をもとに2000年に制作・初演した、創作オペラ「満仲〜美女丸の廻心」

昨年ご逝去された作曲家 景山伸夫氏への追悼の想いも込め、20年ぶりに再演いたします。

開催日
2020年10月10日(土)・11日(日)
開演時間
10日/16:00開演(15:30開場)
11日/14:00開演(13:30開場)
会場
みつなかホール
詳細
指揮:牧村 邦彦
演出:井原 広樹
合唱指揮:岩城 拓也

出演
[10/10]  
満 仲 :片桐 直樹
仲 光 :西尾 岳史
美 女 丸:近藤 勇斗
幸 寿 丸:香川 梨佳
ゆ り :岡田 彩菜

[10/11]
満 仲 :福嶋 勲
仲 光 :迎 肇聡
美 女 丸:中川 正崇
幸 寿 丸:阪上 真知子
ゆ り :西田 真由子

[両日]
陰 陽 師:松森 治
満 仲 妻:納谷 知佐
仲 光 妻:尾市 雅子
寺 僧 :東 平聞
恵 心 :柏原 保典

演奏:ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団
合唱:みつなかオペラ合唱団

あらすじ
平安中期の多田の庄(現・川西市)、この地を治めるのは清和天皇の流れをくむ源満仲、源氏の基礎を築いた武将である。満仲には多くの子供がおり、長男は武勇に優れ歴史に名を遺した源頼光、末子が美女丸である。美女丸の傍若無人な振舞いが、満仲の逆鱗に触れ、この一族を悲劇へと導くことになる。
この創作オペラのもととなる民話「美女丸と幸寿丸」は、謡曲「仲光」となり、その後、近松門左衛門により人形浄瑠璃に、また河竹黙阿弥により歌舞伎の題材になったと言われている。
PDFダウンロード
料金
〈全席指定席〉
一般7,000円
割引(小・中・高生、障がいのある人)4,500円

※就学前のお子様の同伴・入場はお断りいたします。
 前売にて完売の場合は、当日券はありませんのでご了承ください。

※ホールには駐車場はありませんので、電車・バスをご利用ください。

みつなかホールは、午前9時から受付開始。
発売中
主催
みつなかオペラ実行委員会、(公財)川西市文化・スポーツ振興財団
後援
川西市、川西市教育委員会、川西市観光協会、川西市文化協会
川西市商工会、(一社)川西青年会議所、川西ライオンズクラブ
川西中央ライオンズクラブ、川西ロータリークラブ
川西猪名川ロータリークラブ、国際ソロプチミスト川西
助成
(独)日本芸術文化振興会、(公財)朝日新聞文化財団
協賛
ダイハツ工業(株)

前売券

みつなかホール 072−740−1117
ローソンチケット 0570−084−005(Lコード:52002)

ページのトップへ戻る

本サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像等)は川西市文化・スポーツ振興財団の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright(c) Kawanishi Foundation of Cultural. & Sports. All rights reserved.