ノルレボの通販や注意事項について

ノルレボジェネリック(ポスティノール)

ポスティノール(ノルレボとして日本で承認)は、有効成分のレボノルゲストレルを含むモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。性交後、72時間以内に経口で服用することで避妊の効果が期待できます。

最安値を販売ページでチェック
アフターピルの一覧はこちら


ノルレボの注意事項

緊急避妊薬として代表的なのがノルレボです。
日本国内では2011年に承認を受けていて、国内の婦人科などで処方されます。
また性暴力の被害にあった場合、警察への連絡が必須ですが緊急避妊薬の費用を公的に負担してもらえます。
服用の方法としては避妊失敗してから、72時間以内に1錠を飲むだけです。
72時間を超えてから飲むこともできますが、その場合は妊娠阻止率が下がります。
海外の臨床試験によると、72時間以内の服用によって妊娠阻止率は約85%程度です。
72時間を超えてからの服用であるのなら、約63%になります。
この数字を見ても分かる通り、緊急避妊薬は飽くまでも緊急措置の薬です。
完全に妊娠を阻止できるものではありません。
副作用としては頭痛や傾眠、消退出血に倦怠感などが代表的です。
ノルレボは低用量ですので、副作用は出にくくなっています。
それでも経口避妊薬は体質によって効果や副作用の出方が違ってくるので、人によってはきつい副作用になる可能性もあります。
使用をしてはいけない人としては、重篤な肝障害がある人や妊婦です。
またノルレボを過去に服用して、過敏な反応が出た人は避けた方がいいでしょう。
ちなみにノルレボの服用中は、セントジョーンズワートを含む食品を摂取してはいけません。
注意すべき点としては、継続的に妊娠を阻止する薬ではない点です。
ノルレボには一時的に排卵を抑制する作用はありますが、その作用は継続しません。
計画的に避妊を行うのなら経口避妊薬やコンドームなど、別の避妊方法を選択してください。