ツルバダ錠の通販や概要

ツルバダ錠ジェネリック(テンビルEM)

HIVの予防薬としても注目ツルバダのジェネリック!PrEP(曝露前予防内服)とは、性交渉する前にツルバダを内服し、HIV感染のリスクを99%軽減するHIVの予防方法です。

最安値を販売ページでチェック
HIV・エイズウイルスの薬一覧はこちら

ツルバダ錠ジェネリック300mg

HIVの予防薬としても注目ツルバダのジェネリック!PrEP(曝露前予防内服)とは、性交渉する前にツルバダを内服し、HIV感染のリスクを99%軽減するHIVの予防方法です。

最安値を販売ページでチェック
HIV・エイズウイルスの薬一覧はこちら


ツルバダ錠の概要

ツルバダ錠はHIVの増殖を抑制するための医薬品です。
かつてのHIVは不治の病といったイメージがありましたが、ツルバダ錠のような抗HIV薬を服用することで発症を抑制できるようになりました。
主にHIV陽性の患者を治療する目的で使われていますが、ヨーロッパなどで陰性の人がHIVに感染するのを予防するために利用されています。
日本国内でも承認されている医薬品なのですが、その薬価が1錠あたりで約4000円と非常に高価です。

ツルバダ錠は毎日1錠を定期的に飲むタイプの薬ですので、薬価が高すぎるというのは大きな弊害になってしまいます。
仮に1日に1錠を飲んだとして1つのボトルが30錠ですので、1ヶ月の薬代が薬12万円程度になるのです。
HIVの陽性者だと処方箋をもらって購入できるので、健康保険に加入しているのなら3割負担ですみます。
それでも診察料などを合わせると4万円近くになるはずです。

他方で予防目的でツルバダ錠を服用するとなると、こちらは全額自腹になります。
原則として予防目的の購入は、健康保険の対象にならないためです。
自衛のためとはいっても、毎月12万円以上の費用を支払える人は少ないはずです。

そこでインターネットの個人輸入代行でツルバダ錠を取り寄せる人が増えています。
ツルバダ錠のジェネリックといってもアメリカのFDAと、WHOの暫定承認を受けていますので、安全性の点では問題がないでしょう。
このジェネリックだと月々の薬代を約5000円〜6000円程度にできます。
なお新型コロナウイルスの治療に抗HIV薬と抗インフルエンザ薬の併用で成功した、というニュースが出ましたが、ツルバダ錠ではありません。